占い豆知識

「よく当たる占い師=良い占い師」ではない!?良い占い師の見分け方

占いって結局、どこまで信じていいのかわかりません。
占い師さんによって言うことも違うし…どうしたらいいの?

結局のところ
なにが正しくて間違っているのか…
占いって難しいです。

この記事では
「占いをどこまで信じていいのか」
についてぼくの考えを
書いていきたいと思います。


占いは外れる

まず大前提として
占いは外れる」ことがあります。

これがめちゃくちゃ大事で…

当たり前っちゃ当たり前なのですが
ど外れすることもあります。

これに関しては恐縮ながら
お伝えさせていただくと
「的中率の高い占い師=良い占い師」ではありません

そうやって逃げて〜と思われる方も
いらっしゃるかもしれません。

すみません、的中率が上がるように
賢明に研究を重ねてはいますが、
でもこれは事実です。

そのことについて
しっかり解説していきます。


当たる占い師は信用できる?

まず「良い占い師」の定義ですが
ぼくは「相談者さんを幸せな気分に変えられる占い師
がそれだと思っています。

つまり
「また相談したいと思える占い師」と
「よく当たる占い師」は
まったく別の話ということです。

もちろん占い師は日々
占いの研究を欠かしません。

できるだけ当たるように
勉強しています。

正直なお話をすると
それでも9割を超えるのは
考えにくい
です。

その意識を作ってしまったのは
ひとえにマスメディアの影響
大きいと思います。

占いの広告を見たら「的中率98%!」
みたいなのばかり書いてありますから
すり込まれてしまうのは当然です。

でもだからこそ
それに惑わされないようにする意識が
とても大事です。

人生を変えられるのは自分だけ

運気が良いからと言って
何もしなかったら何も起きません。

出会いの運がどれだけよくても
何もしなかったら
出会えるわけがありません。

でも、それを踏まえて
どんどん行動していると
たまに驚くくらいめちゃくちゃ当たるから
そこに面白さを感じたりします。

占いに大切なのは
当たることでもなく、つまり
なにをどこまで信じるか、ではなく
みんなが幸せになれること」だと思います。

占いは問題解決のための道具の一種で
占い師はそれを使う
お医者さんのような存在です。

幸せな気分になれることに
なによりもコミットするべき。

占いに振り回されるのは本末転倒。

信じるのもほどほどに!

8週間で人生が変わる占い師養成プログラム


洗練され無駄のないプログラムで、占い師を目指します。
安心のマンツーマンで、実践鑑定の徹底練習!!