占い豆知識

運気が上がらない人の勘違い開運法

なんとなくスッキリしない、運気がよくない気がする。
そんなときに開運法、開運術などを調べて
いろいろ試行錯誤をしてみることってよくあると思います。

ぼくも、よくあります。

でもそのあと大きく変わることって本当にありますか?
けっきょく元の日常に戻ってしまっていませんか?

もしかすると間違えた開運法をしているのかもしれません。

今日はよく言われている開運法の
正しいやり方についてお伝えしていきたいと思います。

1、断捨離

「部屋の綺麗さ=思考のクリアさ」なのは本当です。

部屋が片付いている人は、脳内も整理整頓されている、ということ。

よくお金持ちに家の中が汚い人はいない…なんて言いますが、
それは思考がクリアだからだと思われます。

例えば、逆のケースで考えてみると分かりやすいです。
つまり家や部屋が汚い人はどんな人物像か?

たまに夕方のニュースなどで税金を滞納している人の家に
お役所の方が突入していくというコーナーがありますが、
多くの方の家が整理整頓されていない、
むしろゴミ屋敷であるケースが多いように思います。

自分がなにをしているのか、
どこへ向かっているのかが想像できないのでしょう。

基本的には家、部屋が綺麗に整頓されている方が良いと思います。

しかし、実は部屋が汚くても成功している人も中にはいます。

例えば林修先生の机の上はびっくりするくらい
煩雑に資料や本などが放ってあるそうです。

それにはちゃんと理由があるそうで
ちょっと雑に物が置いてある方が、取り出しやすかったり
片付ける手間を考えると効率が良いから、という理由です。

つまり整理整頓されていないのではなく
ちょっと煩雑な方が扱いやすいということ。

そのためぼくの考えですが、必ずしも断捨離
つまり片付けることが全員にとって
良いというわけではないと思います。

ちょっと汚いくらいの方が生活しやすい方は、その方がいいです。
片付けすぎると思考が止まってしまうかもしれません。

判断基準は「どこになにがあるか」を正確に認識しているかどうか。

ちょっと雑でも、場所と物が脳内で一致している場合には
必ずしも片付けるのが吉ではないと思います。

占いでは綺麗な家にしか良い運気は入ってこない、と言いますが
必ずしもそうではない、ということです。

とは言えゴミ屋敷はさすがに考えものです。

いずれにしても
自分自身が居心地の良い空間を作ることが重要なのだと思います。

2、神社にお参りに行く、パワースポットに行く

行き過ぎは禁物。適度な参拝が良いです。

そもそもなぜパワースポットに行くと運気が上がるのか。

その前に運が良い人と運が悪い人の違いを
心理学的な見地からお話をすると
運が良い人は自分のことを運が良いと思っていて
運が悪い人は自分のことを運が悪いと思っています。

そういう意味での思い込みはとても重要です。

なぜ運が良い人のところには本当に運の良い話が舞い込んでくるかというと
自分は運が良いと思っているのでどんどんチャレンジをします。

そして失敗をしても
運が良いからこの程度の失敗で済んだとか
なにか得る物があった、と思います。

例えばあなたがスポーツ選手だったとして試合中に怪我をしてしまい
当面の試合に出られなくなってしまったとしたらどう思いますか?

…ぼくなら間違いなく、絶望に打ちひしがれます笑

実はゴジラ松井選手が試合中に左手首を骨折して
全く試合に出られなくなったときのすごいエピソードがあります。

なんと彼は右手首のみを使いバッティングフォームの調整をしたそうです。
ちょうど直したかったので良い機会でした、と発言しています。

とんでもない精神力です。

まぁそれは極端な例かもしれませんが、思い込むというのは重要で
運が良い人は本当に自分のことを運がいいと思っています。

さて話は戻りますが
神社やパワースポットに行くことが開運につながるかどうか
という点において結論をお伝えすると

信じている人は行った方がいいです。
なぜなら行くことで運が良くなると信じているからです。

そこまで信じていない人に、開運の効果はありません
信じていないからです。

3、言霊

この力はぼくはかなり強大だと思っています。

人は、言葉を使わない限り思考できません

悩んでいるときも、なにかを解決しようとするときも、
トラブルを起こすのも、チャンスを掴むのも、言葉があるからです。

自分を突き動かすのは言葉です。

「頑張ろう!」と口に、実際に言葉に出すだけでやる気がでます。

反対に「死にたい」と言葉にすると
体にある全細胞が停止し始めるそうです。

自分がそう思っていなかったとしても
口に出すだけで細胞が動き始めるのです。

おれにはできる!やれる!
わたしなら乗り越えられる!

ピンチのときにこれを繰り返すだけで、どんどんパワーがでます。

それを証明するかのように
元気のないときにこの言葉を出すのは、ものすごく苦痛です。

つらいときってなぜか頑張る!って言えなくなってしまいますよね。
もう無理って言いたくなってしまいます。

そのときに思って欲しいのです。
それくらい、言葉の力は強いということです。

つまりそれを逆手にとり
言葉の力を借りて思考を変えてしまうこともできます。

松岡修造さんはまさにその力を知っている方ですね。
すごい精神力です。
だからこそきっと多くの方から支持されているのだと思います。

ぼくが思うに、一番の開運法はこの言霊の力を使ったものです。

ぼくにはやれる!わたしならできる!
ありがとう!

この言葉を口にすることが一番の開運法だと思います。

8週間で人生が変わる占い師養成プログラム


洗練され無駄のないプログラムで、占い師を目指します。
安心のマンツーマンで、実践鑑定の徹底練習!!