占い豆知識

【相談者さん向け】オンライン占いのメリットと注意点3選

これから占い鑑定を受けたい!
という相談者さんに向けて
これまで主流だったオフライン占い(対面鑑定)
これから主流になるオンライン占い(直接会わない鑑定)
違いについてお話したいと思います。

1、いますぐ鑑定を受けることができる

これまでのオフライン占いでしたら
その場まで行く必要がありました。

遠方にいる占い師さんのところへ
旅行を兼ねて行く…という話もあったくらいです。

しかしオンライン占いであれば
いますぐに、しかもスマホ一台
鑑定を受けることができます。

悩んだときって
すごくモヤモヤするし
なにをやっても上手くいかないような
感覚に襲われてしまいますよね。

そんなときは一人で考え込むより
いっそプロフェッショナルに聞いてしまうのも
ひとつの手です。

ご相談をいただいた方から
早く鑑定を受ければよかったです
というお声はよく耳にします。

悩んできるときに一人で出した結論は
往々にして微妙なケースが多いように思います。

実はぼく自身も
迷ったときは信頼できる方に
意見を伺うようにしています。

占いも上手に利用することで
より良い未来を引き寄せやすく
なっていくはずです。

2、合わなかったら、すぐに辞めることができる

この占い師の人と合わないなぁと思ったら
すぐに鑑定を終了することができます。

対面鑑定であれば20分なら20分と
終わるまで待たなくてはいけません。
(本当は言えばいいのですが言いづらいですよね)

しかしオンライン鑑定であれば
すぐ切ってしまっても大丈夫です。

ただ、占い師の方に
お礼だけは伝えてあげてください。

最低限の礼儀は持っておきましょう。

しかし、デメリットもひとつありまして、
見えないのを良いことに
占い師の方が適当に占っている可能性があることも
頭の中に入れておきましょう。

・実はカードを切っていない
・生年月日聞いているだけ
・そもそも占いができない
なんて人もいます。

ただ正直に言うと、ぼくはそれが全て
悪いこととは言いづらい面もあります。

なぜなら、占いにいらっしゃる理由は
占い自体が目的なのではなく
悩みが晴れること、心が晴れることを
目的とされているケースが多いからです。

仮に占いができない占い師さん、苦手な占い師さんでも
あなた自身の感覚で相性がいいな、と思う方なら
その方に聞くことをオススメします。

もちろん、正直にいうと
占い師と名乗る以上
占いの知識があるべきというのは
ぼくの大前提にあります。

でも、それが占いの全てではない
とも思うんです。

3、事前情報をたくさん得ることができる

オンラインになって良くなった大きな点は
ここかもしれません。

いまではTwitterを始めとしたSNSの時代なので
多くの方が情報を発信しています。

情報発信ができるツールは
・Twitter
・Instagram
・Facebook
・Youtube
などメジャーなものでも数種類あります。

これらをチェックすれば
人となりを事前に知ることが可能です。

・どんな過去なのか
・どんな占術を使うのか
・どんな鑑定をするのか

これらは鑑定を依頼するための
大きな材料になります。

事前にチェックすることで
信頼できる占い師さんなのかどうか
しっかり確認をしましょう。

逆に言えば
調べても出てこないような占い師さん
オススメしません。

それだけ占いという仕事に
熱を入れていないという証拠でもあるからです。

最後にひとつだけ

また、占いジプシーにならないよう
注意が必要だと考えています。

(占いジプシーとは:造語です
ひとつの悩みについて何人もの占い師さんに
何回も質問している状態のこと)

占いジプシーになるのは
ぼくはあまり賛成しません。

ジプシーになっているな、と感じたら
いったん占いから離れるくらいの方が
良いかもしれません。

そわそわしてしまうと思いますがちょっとだけ我慢。
必要な時だけ、正当な占い師に占ってもらう。

最終的にはその決断の方が
幸せにつながると思います。

そのときのオススメ開運法は読書です。

あと運動

占いは飽くまでもエッセンスなんです。

料理で例えれば
調味料のようなもの。

メインではありません。

ないと味気ないですが
過度な取りすぎには注意が必要です。

とはいえ何を信じたらいいかわからない!
という状態になってしまうと、つらいですよね。

藁にもすがる思いの方も
大勢いらっしゃることと思います。

そういった方々に向けて
最後に良い占い師の3ヶ条をお伝えしたいと思います。

もし何がなんだか、わからなくなってしまったら
あなたが占って貰おうとする占い師の方が
この3つに当てはまっている方かどうか
判断してみてください。

良い占い師の3ヶ条

・あなたに向けられた言葉を使っている
・依存させようとしない(次は何日においでね、とか言わない)
・顔出ししている

占い師をお医者さんだと思っていただくと
とてもこの3ヶ条がわかりやすいと思います。

お医者さんも同じ症状の人がきたら
「うん、風邪だね」
と言って同じ薬を渡すことがあります。

占い師もそうです。

今日も先週と似た様な状況のまま、という方でしたら
「もうすぐ会えるよ」
など、同じ鑑定結果になることはあります。

しかし、占い師の中には
どんな症状の人が来ても
同じことを言っている
人がいます。

その見極めは重要です。

お医者さんでも重要なことであれば
セカンドオピニオンを求めるように
あなたも重大な悩みについては
複数の占い師さんの意見を聞くのも
ときには重要かもしれません。

そのためには、
かかりつけのお医者さんを見つけるようなイメージで
信頼できる占い師さんを一人見つけておくのも
ひとつの手です。

なにかあったらこの人に聞けば間違いない
そこまで信じることのできる
占い師さんの存在は大きいです。

なのでなによりも
顔出ししていることは
マストだと思っています。

一般的に考えたら
顔が見えないお医者さんって
信用できないですよね。

でも占いになると
あまり気にせず鑑定依頼をされる方も
いらっしゃるようです。

占いも自分の人生を
左右する大事な悩みを抱えていくはず。

そのため、全てではないと思いますが
素性がわからない占い師さんは
ある程度の危険をはらんでいると思います。

そもそも占い師という立場になったら
まずは相談者さんに信用してもらうことが大事なのに
それをしていないというのは…

やましいことがあるのかな?
とさえ思えてしまいます。

楽しい占いライフを!

いかがでしたでしょうか?

ともあれ、占いがより身近になったのは
とても嬉しいことですし
上手く使うことで
より豊な人生につながると信じています。

みなさんの占いライフの
ご参考になれば幸いです。

もしご質問などございましたらお気軽に
TwitterのDMからお問い合わせください。

椿心言のTwitterはこちらです。

8週間で人生が変わる占い師養成プログラム


洗練され無駄のないプログラムで、占い師を目指します。
安心のマンツーマンで、実践鑑定の徹底練習!!