ブログ

時間はなぜ「12」ごとに変わるの?

ちょっと前に
音と十二支を関連付けてみる
みたいな記事を書きました。

今回は「12」という数字について
もう少し掘り下げてみたいと思います。


言わずもがな、時間は12進数ですね。

1年も12ヵ月。

12進数って思ったより
世の中にたくさんあります。

10進数は何となく理解できます。

指で数えるとき片手で数えやすいですし。

でも、なんで「12」??


まず1日というのは
円で喩えられていました。

円というのは
10当分が非常に難しく
簡単なのは6当分です。
(円の半径を外周で辿るとぴったり6当分できます)

その倍の12にすれば
2でも3でも4でも割り切れて
とても都合が良いわけです。

また他にも、時間の単位を決めるとき
太陽が地平線に顔を出してから
完全に姿を現すまでが約2分なんです。

まずこの2分が基準になります。

古代バビロニア人は、天空を太陽で分割すると
720個で丸一日、という事実を知っていました。

2分 × 720 = 1440分

一日は何分かと言うと、

60分 × 24時間 = 1440分

一緒ですね。

また月の周期が
1年で12ヵ月であることも知っていました。

12ヵ月で同じ季節がやってくるからです。

144は12の二乗ですし
12進数がとても理にかなっていることが分かります。

そういえば
1ダースも12個ですね。

指の関節も
親指を除くと12個あります。

昔はそうやって数える人もいたそうです。

余談ですが
両手を使えば1000以上数えられるんですよ!

12進数って思いのほか
色々なところにありますね。

しかも便利。

そしてこの12という数字ですが
数秘術のように1+2をすると3です。

実は「3・6・9」という数字はとても特殊な数字で
ニコラ・テスラという発明家が
この謎を解き明かせば宇宙の真理に
辿り着くことが出来るとも発言しています。

ニコラ・テスラ自身もかなり「3・6・9」に拘っていて
泊まるホテルの部屋番号を
必ず3の倍数にしていたそうです。

そう言えばぼくも
「24」という数字が大好きで
相当拘っているんです。

野球をしていた頃は
背番号24にしたい、と言っていたし
もう受験をする機会はないですが
受験番号が24の倍数だったら合格
という勝手なジンクスを作っていました。
(実際、第一志望校の受験番号は必ず当てはまっていて、且つ合格でした)

「椿 心言」も
総画は24画です。

不思議ですね。

あと、そのことについては
ジョン・コルトレーンも知っていたのでは?

と思う節があるんです。

またそのうち触れたいと思います。

それでは。

8週間で人生が変わる占い師養成プログラム


洗練され無駄のないプログラムで、占い師を目指します。
安心のマンツーマンで、実践鑑定の徹底練習!!